ホワイト企業シリーズ③ 違法残業診断と適正残業相談

ホワイト企業の違法残業対処法がわかる!ホワイト企業の残業管理がわかる!


当事務所では、まず御社の残業実績がすでに違法ラインにあるかどうか診断いたします。上限規制の詳しいことは、すでに報道されているのですが、施行前の法律のことは、なかなか理解が難しいところもありますので、貴社の残業実績とつきあわせながら、わかりやすくご説明いたします。

貴社の状況が、繁忙期には、違法ラインを超える、罰則ラインを踏み越える可能性が高いとすれば、なんらかの手当が必要になると思います。どの程度の手当ての必要があるのか、時間はかかるのか、コストは必要なのかなど、ご心配のポイントに沿って、御社にぴったりな方法を、一緒に検討をします。過剰な対応は、決してお勧めしません。それは無駄なばかりではなく、のびのびとした事業活動の障害となると考えるからです。あれもこれも提案してくるコンサルタントには、ご注意ください。

診断させていただいた結果によっては、簡単な労務管理フローの見直しだけで済むこともあるかもしれませんが、ご相談は決して無駄ではありません。安心して法改正を受け入れることができることにより、当局の立ち入り検査や罰金におびえることなく、現業に集中することにつながり、競争力を強め、生産性を高めることになるはずです。

当局が長時間労働などの監視を強めるために、企業への立ち入り検査を強化する動きもあり、違法ラインに達していなくとも、うっかり管理が手薄になったことだけでブラック企業と呼ばれるかもしれません。ホワイト企業として、時間的な猶予のある今すぐにでも、はじめるべき優先度の高い経営課題だと思います。

これら高い水準のご相談をお気軽にご利用できるスポット料金で提供いたします。
残業管理や制度設計改正実務などに精通する人事部長経歴のある社労士だからこそ、高い品質のサービスをすることができます。

人事部長クオリティをお手頃な料金でレンタルしてみてください。